メニューへジャンプ 本文へジャンプ

精密空調機PAP

本文の開始
製品とサービス

このページはトップページの中の精密空調機PAPのページです。




精密空調機PAP(Precision Air Processor)は、 独自開発のヒートポンプバランス制御方式を採用。 電気ヒータで再加熱するヒータ制御方式とは違い、 空気冷却時の排熱を再利用して温調することで完全ヒータレス化。 最大80%の省エネを実現し、温度制御±0.1℃の高精度を 達成した高性能精密空調機です。 チャンバーでの小型精密機器の温度制御に適したPAPminiシリーズ、 必要機器がシステム化され設置の負担を減らしたPAP-Rシリーズ、 より効果的な局所精密空調を実現する精密空調室システムなど、 様々な環境試験・生産工程・研究の高品質な局所精密空調を実現し、 イニシャル・ランニングともにコストを抑え、 様々な用途に合わせた組み合わせが可能な局所空調を提供いたします。 (※PAP-Rシリーズは±0.2℃、約50%の省エネ







精密空調機PAPシリーズ 精密空調機PAPminiシリーズ
最大80%の省エネ。設定温度と吸込温度の大温度差に対応。 オールフレッシュで負荷安定時±0.1℃の温度制御精度を実現しています。 小型クラスでは最高レベルの制御精度で、 電気使用量だけでなく排熱も大幅に削減しています。 処理空気量毎分0.7〜4m3。
精密空調機PAP-Rシリーズ 精密空調室システム
制御盤内蔵のため現地計装工事が不要。 必要機器がシステム化されオプションも豊富なためシステム設計が容易です。 小型パネルシステム・ドライルーム・クリーンブース・卓上チャンバーなど、 ご要望に合わせた局所精密空調をご提案いたします。






ページの終了